文教に関する調査研究、各種情報資料の収集・提供を行い、文教の振興に寄与します
文教協会ホーム > 書籍のご案内 > 大学ガバナンス改革必携

新刊 大学ガバナンス改革必携

限定増刷版のご案内、3月28日刊行。

大学の新しいガバナンスの枠組みの創出・学内制度構築に必携の書

 本書は、学校教育法及び国立大学法人法の一部改正法による新しい大学のガバナンス改革の背景や意義などを文部科学省担当官がわかりやすく解説するとともに、より理解を深めるために中央教育審議会における改革の議論を掲載し、さらに、改正法や施行通知等に基づいた学内の規則等の総点検・見直しのためのチェックリストなどを網羅して、大学や学部・大学院を運営する立場から新たな組織・運営体制をどのように構築したらよいか、あるいは、実務レベルにおいて学内の規則等をどのように改正・整備したらよいかを理解するための冊子です。

<執筆協力者>

☆文部科学省高等教育局 大学振興課担当官 / 国立大学法人支援課担当官

<本書の特徴>

◎大学のガバナンス改革の背景・意義などがわかりやすく解説してあります。
◎新たな制度に基づいた学内体制の構築・内部規則改正のポイントが理解できます。

<主な構成内容>

◎大学のガバナンス改革の背景・意義・将来
◎中央審議会におけるガバナンス改革の議論
◎学校教育法及び国立大学法人法と関係省令の改正の解説
◎法律及び省令改正の施行通知と内部規則等の総点検・見直しのためのチェックリスト
◎ガバナンス改革Q&A

<主な掲載資料>

◎大学のガバナンス改革の推進について(中央教育審議会大学分科会報告)
◎学校教育法、国立大学法人法及び同施行規則の新旧対照表(附帯決議含む。)